薬剤を服用せずに症状抑制

頭部を冷やして痛みを抑制

短い時間で、偏頭痛の症状を抑制したいなら、氷枕などで頭部を冷やすのがおすすめです。頭部の拡張した血管を収縮させられるので、痛みの症状を抑制しやすいです。ポイントは、継続して氷枕を当てるのではなく、間隔をあけながら冷やすのが望ましいです。

ツボを刺激して痛みを和らげてみる

側頭部の耳手前にある曲鬢「きょくびん」、足の甲の小指側にある臨涙「りんきゅう」、手首あたりにある出っ張った部分の養老「養老」などは、偏頭痛の症状を和らげる効果があるツボです。サプリや薬剤が手元にない場合に役立ちますよ。

腹式呼吸で症状を抑制する方法

腹式呼吸は、ただやるのではなくへそを意識して呼吸をするのがポイント。まず、へそ周辺に力を入れて鼻から息を5秒ほどかけて吸い込みます。次に息を5秒以上かけてゆっくりと吐き出す。これらを繰り返せば、脈拍が落ち着くので、偏頭痛の症状が和らぎます。

甘いものを食べてみるのは?

血糖値の低さによって、偏頭痛の症状が引き起こされている人にうってつけの改善方法ですよ!甘いスイーツやお菓子を、空腹時や間食で食べれば低血糖もある程度解消されるのと同時に、つらい偏頭痛の症状も抑制しやすくなります。

試しに行なってみるところから始める

体への負担が少ない技ありな偏頭痛抑制方法は、どれも実践しやすい方法ばかりなので試しに実践してみるのがおすすめ。より着実に症状を抑制したいのであれば、自然成分や生薬の力を同時に利用するのも悪くありません。

広告募集中