自然成分の力で抑制

ビタミンB群の力

ビタミンB2やB6には、過剰に働いてしまっている自律神経を抑制して、偏頭痛の症状を予防する力を有しています。B群は、主にレバーなどの内臓肉は勿論、マグロやカツオと言った魚介、納豆、アボカドに多く含まれている栄養素です。

マグネシウムが不足がちなら要注意

偏頭痛持ちの場合、マグネシウムを摂取する機会が少ない傾向にあります。体内のミトコンドリアの栄養源であるマグネシウムが不足すると、満足に活性酸素や脂肪酸を分解出来なくなり偏頭痛を引き起こす確率が高まるので、適度に摂取するのが望ましいです。

カフェインの力で偏頭痛を解消

カフェインは、脳神経に働きかけて脳内の血管を収縮させることで、偏頭痛の症状を抑制してくれます。ただし、カフェインの場合は、緊張型の症状だと逆効果なので、自身の症状の特徴を把握した上で実践するのが望ましいです。

自然成分が凝縮されたサプリもある

これらの自然成分は、出来る限り毎日の食事で摂取したいですが、人によっては難しいもの。それなら、偏頭痛の症状を抑える力がある自然成分入りのサプリを用いれば、毎日気軽に必要成分を補えるので、症状が現れにくくなります。

広告募集中